忍者ブログ

Garage AsBASE (ガレージ アスベース)

浜田省吾の曲が流れるガレージです。「壊れたから捨てる」から「修理してまだ使う」をサポートします。

キャブレターのアイシングって何?

最近は、インジェクションが主流。
キャブレター(キャブ)って昭和なイメージが付きまといます。

キャブレターって何?
 →ガソリンエンジンを動かすには、ガソリンを良く燃やすためにガソリンを霧状に
  して、空気と混ぜる役目。エンジンから吸われる力で、新鮮な空気を取り込み、
  ガソリンを霧状に混ぜ合わせてエンジンに送り込む機器。

   2017年3月現在、市販されるバイクのほとんどがインジェクションタイプ
  を採用してあり、キャブレター方式は過去の物となりつつあります。

   エンジンから吸われる際、空気中の水分が、ガソリンの気化熱で冷やされ、
  キャブレターの中で凍る現象です。ジェットニードル・エアージェット・スロットル
  バルブ辺りで凍ります。 凍るとエンジンの出力が低下します「ブスン、ブスン」
  と吹け上がらなくなり、エンジンが止まりそうになります。気温が2℃~8℃程度で
  発生しやすいようです。
   私も経験しました。2011年5月北海道ツーリングで、身も心もアイシングーでした。
  2011年GW 北海道ツーリング記③
  
  

ランキングサイトに登録しました。
  

PR

コメント

プロフィール

HN:
Jun
性別:
男性
趣味:
温泉ツーリング・旅行・メカいじり・サーキット走行・確率の勉強(パチ)など

最新記事