忍者ブログ

Garage AsBASE (ガレージ アスベース)

浜田省吾の曲が流れるガレージです。「壊れたから捨てる」から「修理してまだ使う」をサポートします。

悩むよね~ エンジンオイルの選び方


 皆様はどのようなモノサシでエンジンオイルを選んでいますか?
カー用品店に行くと、多種多様で値段もさまざま。
やっぱり値段が高い方が「良いはず」なんて思ってしまいます。


 昔聞いた話で真偽は不明ですが、
売り上げが伸びないオイルがあり、
中身はそのままで、外のデザインを高級風に変え、
値段を上げたら売り上げが伸びたとか・・・。  
うーん。気持ちは分かる。



 さて、間違いない事はこれ!

 ダッシュボードに入ってるガイドブックのメンテナンスページ(仕様)の
エンジンオイル規格を見て下さい。 



「規格」と「粘度」
API規格というものがあり、SのAからアルファベット順に進化してます。*一部飛び越し在り
 SAから始まり、現在はSNが最高規格です。

 ①記載されている規格品と同じ物が最低の条件です。
   それ以上でも構いませんが、価格が上がる傾向にありますので、
  やたら高級品は必要ありません。
  「一番重要なのは、記載されている規格品以下のオイルは使用しない!」

 ②次に粘度です。
   これもガイドブックに書いてあります。5W-30とか10W-30とか0W-20とか。
  Wはウインター(冬)低温粘度をあらわしており。少ないとサラサラ系です。
  -30右側の数字は高温粘度で、数字が大きい程粘度が高くなります。
  
   最近の省燃費車は0W-20 とかを指定されています。燃費が良くなるだろう思って、
  10W-30規格車に入れてはいけません。なぜかって?粘度低すぎ。
  簡単に言いますと、そのオイルを使う事を前提にエンジン設計されているので、不都合が
  生じる可能性があります。(エンジン内部のクリアランスが、それ前提で設計されている)
 
   普通に乗る(街中、高速)のがメインなら、指定粘度で十分ですが、特価品を
  見つけた!とかいう場合でも、±1ランク以内にしときましょう。
  指定が10W-30だったら、5W-30とか。15W-30とか、5W-40とかでしょうか。
  0Wはきついです。


   まとめると、
  ①指定規格以下のオイルは使わない。
  ②指定粘度を使用する。


   
  【でもねー、普通にも走るけど、高速飛ばしたり、週末はサーキット
   走るんだよねー。だから指定品だと不安なんだ~】ってな方は、
   右の数字が大きいオイルをお勧めします。高温化での保護性能が上がります。

   私は、サーキット走行では100%化学合成油で5W-50のレーシングスペック
  を使用してました。チューニングエンジンですが、ここまで必要かは正直不明でしたが、
  「10,000RPM近く回すので、オイルは大丈夫だ!踏んでいける!」という安心感は
   ありました。



 さて、私の普段車の規格は5W-30です。今までは、ホームセンターに売ってるカストロールXF-08の5W-40をメインに使用しており、交換サイクルは3000km~5000kmの間です。
 これは半合成油で、鉱物油メインに化学合成油を混ぜてある商品です。普段で2980円、特価で1980円でしょうか?エンジンフィーリングで悪い事は感じた事はありません。
 私は、夏場と冬場で変更しています。冬場は5W、夏場は10Wです。冬場の10Wは朝一のレスポンスが鈍い気がします。
 ホームセンターでは4L缶なので、フィルター交換すると足りない場合があり、2缶購入となり
半端になります。なので今回、20L缶にしました。


 

 最近使い始めたオイルは、ネットで話題の【TAKUMIモーターオイル】 20L缶です。
10W-40の最高SN規格品をチョイスしてみました。
交換サイクルが10000kmと長くなるので、現状よりコストダウンです。
   
 
 
     
【購入した理由】
 *100%化学合成である事。
 *交換サイクルが10000kmである事 ←いいね!
 *メーカー直販で安い事。 ←高品質がお手頃価格!
 *レースに参戦してある事。 ←私的に、これ重要!
 *MADE IN ニッポンである事。

さまざまな種類がありますので、下記サイトを覗いてみてください。
 
【TAKUMIモーターオイル】

今秋には、冬場向けに5Wを購入予定です。








下記ランキングバナーを押すと、ランキングサイトが開きます。
ここでは、いろんなブログが紹介されています。
 




PR

コメント

プロフィール

HN:
Jun
性別:
男性
趣味:
温泉ツーリング・旅行・メカいじり・サーキット走行・確率の勉強(パチ)など